表紙&巻頭特集
LOUDNESS
アルバム『RISE TO GLORY -8118-』をリリースしたラウドネス。
メンバーの自己採点付き全曲解説、全員のパーソナル・インタヴュー、最新レコーディング&ライヴ機材紹介などなど、WeROCK独自の切り口で最新作の魅力を多角的に探ります!

HarD'n'Heavy RELIGION 2018
WeROCK2月発売号の恒例企画、オムニバスCDです。
今回は、このCDでしか聴けない音源を含め(2018/2/15現在)、国内外17組の音源を収録!
誌面では収録バンドのインタヴューも楽しめます。
収録バンドは下段を参照!!

ANTHEM
映像作品『ATTITUDE 2017 -Live and docments-』を発表するアンセム。
その作品について、4人がたっぷりと語ってくれました。

アーティスト・インタヴュー
注目の新作をリリースするバンド/ミュージシャンのインタヴューです。
◎かまいたち
◎ARK STORM
◎RAMI
◎ASTERISM
◎FEST VAINQUEUR

100人の歪み
ギタリスト/ベーシストの気になる歪みエフェクターを一挙100人分、紹介します!
高崎 晃、山下昌良、DAITA、ルーク篁、SYU、IKUO、他、総勢100人の足下をチェック!!
総勢100人のリストは、こちら

楽器特集
◎DODの歪み系ペダル4機種を踏み比べ
◎NAMMショウでも見つけた新製品

好評連載 ミュージシャンズ・コラム
◎ルーク篁(CANTA)「STEP FORWARD, PLEASE.」
◎SYU(ガルネリウス)「徒然なるままにグタグタ」
◎柴田直人(アンセム)「責任者、出て来い!(中辛)」
◎YUKI(D_Drive)「Rock Guitar Cafe」

特別付録CD
参加バンド&曲紹介

付録オムニバスCD(コンテンツ)

THOUSAND EYES

2月21日にサード・アルバムをリリースする、メロデス界の至宝、サウザンド・アオズ。彼らがその新作から「Final Reign」で、このオムニバスに参戦! アグレッシヴなメロディと慟哭のメロディが聴く者の五感を刺激します。(2月15日現在、未発表曲)

SABER TIGER

近年の3作品を軸としたボックス・セットをリリースするサーベル・タイガー。そのボックス・セットから英語詞で録り直された「Act of Heroism」を収録しました。(2月15日現在、未発表ヴァージョン)

BRIDEAR

新ギタリストに美彩季を迎えたブライディア。彼女達が4月にリリースするミニ・アルバム『Helix』から「G・A・M・E」を収録。新生ブライディアらしさが光るメタル・ナンバーです。(2月15日現在、未発表曲)

TSP

昨年秋に新ヴォーカリスト、RIKIが加入したTSP。彼らが未発表の新曲「ARISE」で参戦してくれました。RIKIの魅力を引き出しつつ、バンド全体での進化を感じさせるハードなサウンドに注目です。(2月15日現在、未発表曲)

東京SPANDIXXX

昨年、突如シーンに現われた謎のヘア・メタル・バンド、東京スパンディックス。彼らのミニ・アルバムからハードでスリージーなロックン・ロール「Kick Big Ass」を収録しました。

The DTease

今回のWeROCKオムニバスCDにも、海外から参戦! それがこのザ・ディーティーズです。カルフォルニアの5人組で、グラムやパンクを吸収したロックン・ロールで迫ります。

FROZEN CAKE BAR

昨年、新メンバーを迎えてミニ・アルバムをリリースしたフローズン・ケーキ・バー。その作品から「ゴアマガラ」を収録しました。よりラウドに進化した7人のサウンドを体感してください。

KASSTRICK BACTERIA

世界基準のインダストリアル・サウンドを掲げるカストリック・バクテリア。いよいよ第7期として活動をスタートさせる彼らが、そのタイミングに合わせてWeROCKオムニバスCDに参戦です!

FILL IT UP

浜松市を拠点に活動する男女混成バンドのフィル・イット・アップ。彼らが昨年11月に発表したファースト・アルバムから「She」を収録しました。王道のハード・ロックを下敷きにしたサウンドで存在感を放ちます。

Shady Glimpse

スラッシュ・メタルを核に、多彩な要素をクロスオーヴァーさせたサウンドで迫るシェイディ・グリンプス。昨年発表されたセルフ・カヴァー・ベスト盤からアグレッシヴなヘヴィ・チューンで参加してくれました。

BLACKURØ

大阪を拠点に活動するシンガー/ソングライター/制作家のブラックロ。1人で複数のシンセサイザーを操り、バンド・サウンドを作り上げる彼女の不可思議なエレクトロ・ロック・チューンを収録しました。

DRACULEA

Kaiser Draculを中心とした、女性ヴォーカルのシンフォニック・メロディック・メタル・バンドのドラクレア。構築された世界観で迫る彼らがWeROCKに初登場! この収録曲からそのストーリーの一端を感じ取ってください。

Beginning of the End

仙台を拠点に活動する、女性ヴォーカルと高速ツイン・ギターが魅力のビギニング・オブ・ジ・エンド。彼らが昨年12月にリリースしたファースト・アルバムから「Promised Wing」を収録しました。

みならいモンスター

09年に三姉妹で結成され、80年代のロックを基調にしたサウンドを聴かせてくれるみならいモンスター。今回のWeROCKオムニバスに、ライヴでも人気だという「REAL」の新録ヴァージョンを収録しました。

奏手候

80~90年代の洋楽ヘヴィ・メタル/ハード・ロックに影響を受けつつも、和装に身を包んで和ロックを表現している奏手候(かなでてそうろう)。彼らが3月に発表する新作から「韋駄天の雲介」を収録しました。

Luminath Croix

11年に結成され、15年から現ラインナップで活動しているルミナス・クロア。女性ヴォーカルを擁し、都内を中心に活動しているハード・ロック/ヘヴィ・メタル・バンドが、5月発表予定の新曲で参加してくれました。

BRUNET BULL

WeROCK DVD内のシリーズ企画“バンド向上委員会(仮)”で、昨年満点を獲得したブルネット・ブル。その特別枠として、ハード・ロックン・ロールな「BAND ON THE RUN」を収録しました。

通販のご注文は、こちら