WeROCK的試奏会

BIAS FX 2 Elite

マルチ・エフェクター+α by Positive Grid

¥18,888(2021.02.02現在)

試奏者=Shu(TSP)

Shu:このコーナーでも試奏しているバイアス・アンプが“自分だけのオリジナル・アンプを作る”というプラグインならば、こちらのバイアスFX2は“手軽にハイ・クオリティな音を作ることができるプラグイン”と言えるだろうか。

対抗するプラグインといえばAmplitube!?

今回、試奏したのは、最上位機種のBIAS FX 2 Eliteで、初めから搭載されているアンプは100種類(ベース・アンプ含む!)、エフェクト100種類。手軽に音作りできる、さまざまなプリセットは200種類にもおよんでいる。

まあ、そういったカタログ的なものは、オフィシャル・サイトを見てもらえればわかると思うので、さっそく肝心のサウンドをレポートしよう。

まず、試奏してすぐに思ったのは、このバイアスFX 2は、デジタル特有のプラグイン臭さが少ないということ。

かなりアナログライクに感じられた。

ふだんプラグインにはAmplitubeを愛用しているのだが、Amplitubeには独特のコンプレッション感や、ならではのトーンというのがあって、そのコンプ感を含めて、じっさいのアンプより弾きやすくしてくれる音が作れるのだ。

じっさいの真空管アンプよりも弾きやすくなる部分さえ感じるのが、デジタルならではといえる。

それに比べると、バイアスFX 2は、じつにアナログライクな音で、しっかり弾かないとミス・ピッキングがバレてしまう(汗)。

かなりリアルに鳴ってくれるので、そのぶんピッキングの強弱にしっかりと付いてきてくれるのが、いかにも本物っぽいのだ。

例えるならば、前回のバイアス・アンプの時もそう感じたのだが、レコーディング・ブースで鳴らしているアンプをマイキングしてミキサー卓があるブースのモニターで聴いている感じ、といえばわかりやすいだろうか。

今回、バイアス・アンプでアンプ・マッチ(実際のアンプの音をプロファイリングしてシミュレートする機能)したアンプを使ってるということもあるのだが、これはかなり実戦向きだ。

そうそう、このバイアスFX 2は、バイアス・アンプでエディットしたアンプを持ってこられるのも特徴。

エフェクターに関しては、個人的なお目当てといえばブースターとオーバードライブ。

ブースターにはTCエレクトロニックのスパーク・ブースターっぽいモデルをはじめ、オーバードライブには808系やSD-1と思われるものなどが搭載されていた。

じつは、スマホ・アプリのバイアスFXを試したことがあるのだが、正直、その際は“アプリっぽい音だな”と思っていたので、このPC用プラグインのバイアスFX 2も期待していなかったのだが、いい意味で期待を裏切ってくれた。

音作りには充分なクオリティで、どのモデルも“モデリングしました!”というデジタルな音というよりもナチュラルにかかってくれるので、うれしい。

問題はレイテンシーだが、たとえばスタンドアローンで使用する際には、バッファ・サイズを16 Samples(0.3ms)まで下げられるので、レコーディングの際には、プラグインで立ち上げずにスタンドアローンを使って弾くとレイテンシーを気にせずに作業できるはずだ。

そして、もうひとつ、バイアスFX2のすごい機能を!

ギター・マッチという機能が搭載されており、これを使うと自分の愛機を、レスポールだったり、ストラトキャスターだったり、全20種類のギターの中から好きなモデルのトーンに変えてしまうという恐ろしく便利なシミュレーターが搭載されている。

これを使えば、レコーディング時に“ここでシングルコイルの音が欲しい”という際にも、ギターを持ち替えることなく(あるいは知り合いに借りる必要もなく)できてしまうのだ。

なんと、便利で恐ろしいバイアスFX 2……。

システム環境

 

Mac

■OS X 10.11 or macOS 10.12/10.13/10.14, Core i5

■4GB of RAM minimum, 8GB or more recommended

■Audio plug-in formats: Audio Units, VST 2, AAX Native

■1GB free disk space

■An Internet connection is required to activate your license and access ToneCloud. Positive Grid software products do not support offline activation at this moment. Offline mode is available after software activation.

Minimal Requirements (PC):

 

Windows

■Windows 8 or later, Intel Core i5 or equivalent, 4 GB RAM

■4GB of RAM minimum, 8GB or more recommended

■1.5GHz Dual-core processor minimum, 2.0GHz Dual-core or more recommended

■Audio plug-in formats: VST 2, AAX Native

■500MB free disk space (32 or 64-bit version)

■An Internet connection is required to activate your license and access ToneCloud. Positive Grid software products do not support offline activation at this moment. Offline mode is available after software activation.

 

Support Host Requirements

■Ableton Live 8.0 or above

■Avid Pro Tools 11 or above

■Apple Logic Pro 9.0 or above

■Apple GarageBand 6.0.5, 10.0 or above

■Cockos REAPER 3.4 or above

■Steinberg Cubase 8.0 or above

■Steinberg Nuendo 7.1.4 or above

■PreSonus Studio One Producer/Professional 2.65 or above

■Propellerhead Reason 9.5 or above

購入方法

アカウント取得方法